ヤマハ 三人乗り自転車

ヤマハの三人乗り自転車

ヤマハ発動機は電動アシスト自転車の元祖で、
三人乗り自転車も電動アシスト付きが多いです。

 

子供を乗せて自転車をこぐのは、
平地でもかなり体力がいるので、坂道ならなおさら。

 

そうした子供との自転車移動の強い味方となるのが、
電動アシスト付き三人乗り自転車です。

 

ヤマハ発動機から発売されている三人乗り自転車は3タイプで、
PAS Baddy、PAS Raffini、PAS Kissの3つのブランドがあります。

 

PAS Raffiniは普通の三人乗り自転車で、
PAS BaddyとPAS Kissは電動アシスト付き自転車です。

 

PAS Raffiniはチャイルドシートが別売りでオプションとして取り付けます。

 

幼児2人同乗基準適合車なので、
安定して三人乗りができるような設計になっています。

 

三人分の加重に耐えられる仕様になっていますが、
アルミフレームを採用しているため、車体が軽く扱いやすいのが特徴です。

 

PAS BaddyとPAS Kissは電動アシスト付き自転車で、
PAS Baddyは後ろにチャイルドシートが標準装備されていて、
PAS Kissは前方にチャイルドシートが標準装備されています。

 

PAS Baddyはいずれも車輪は20型のみで低重心なデザイン。

 

一方、PAS Kissは20型モデルと26型モデルがあって、
車輪サイズも選べます。

 

足元はフロントにチャイルドシートがあっても
こぎやすいようなデザインになっています。

 

それぞれ、チャイルドシートの位置やバッテリー容量の大きさ、
車輪の大きさなどの違いがあるので、できればいくつか試乗して
好みのタイプを選ぶのが良いでしょう。

 

本体のカラーバリエーションも豊富なので、
デザインでも選ぶ楽しみがあるメーカーです。

 

チャイルドシートの種類も3種類あって、デザインや機能によって選べます。

 

ママだけでなくパパも運転することを想定したデザインなので、
家族みんなが乗れる自転車となるでしょう。