三人乗り自転車 助成金

三人乗り自転車で受けられる助成金

道路交通法の改正により、自転車の三人乗りが解禁されたのに合わせて、
各メーカーから三人乗り自転車が多く発売されるようになりました。

 

子供2人を乗せても安定性や操作性を高めるため、
三人乗り自転車は様々な工夫がされています。

 

三人乗り自転車は一般的な自転車よりも価格が高くなっていて、
安いものでも5万円台から、電動機付きの三人乗り自転車になると
15万以上するものもあります。

 

ホームセンターなどで安価に売られている自転車に比べると、
安いとは言えない金額です。

 

そのため、三人乗り自転車に対して助成金が出る自治体もあります。

 

ですが助成金が出る自治体はまだ一部で、
全体の割合で言うとあまり多くはないのが現状です。

 

助成金の対象となるには、2人以上の子供を養育していることや
その市区町村の住民であること、住民税などを滞納していないことなどが
主な条件として挙げられています。

 

子供も二人以上になると、手も費用もかかりますので、
そうした世帯に対して助成金は負担の軽減になるでしょう。

 

2人以上のお子さんがいる家庭すべてが、
基準をクリアした三人乗り自転車を購入できるかと言えば難しいところ。

 

せっかく三人乗り自転車が合法化されても、普及しなければ意味がないということで、
いくつかの自治体では三人乗り自転車の購入に対して助成金が受けられるようになりました。

 

多くの自治体は、助成金の上限は購入金額の1/2以内、
上限3〜4万円以内というところが多いです。

 

以前に比べれば子育て支援に関する助成金も増えてきましたが、
法律改正から年数が経っている割には、
まだまだ隅々の市区町村までは行き届いていないのが現状です。

 

少子化が社会問題となっている今だからこそ、
こうした助成金制度が普及するといいですね。