三人乗り自転車 いくら

三人乗り自転車はいくらぐらい?

三人乗り自転車は一般的な自転車と比べて、安全性を高めるために
様々な工夫が盛り込まれているため、価格が高くなってしまいます。

 

三人乗り自転車を多く販売しているのは、
ブリジストンやヤマハ、パナソニックなどのメーカーです。

 

まず、ブリジストンは「アンジェリーノ」や「ビッケツー」「ハイデツー」
などのラインナップで三人乗り自転車が販売されています。

 

平成21年に道路交通法が変わって新たな基準が作られましたが、
これらの自転車はどれも厳しい基準をクリアした、
子供2人を同時に乗せることができる自転車です。

 

アンジェリーノは前方部分に子供を乗せるタイプで、
メーカー希望価格が72,000円前後、電動機付きになると131,800円〜となっています。

 

後部座席用のシートはオプションで、
必要に応じて別途購入して取り付けるようになっています。

 

一方、ビッケツーは前方でも後方でもどちらでもオプションで
シートが取り付けられるようになっている自転車です。

 

電動自転車タイプは後ろに子供を乗せるようにできていて、
車輪の直径も短いく小さい車輪がついています。

 

車輪が小さいほうが車体の安定感があるので、
より安定感を求めるママや身長の小柄なママにおすすめです。

 

ビッケツーの電動機付き自転車は121,800円〜126,800円となっています。

 

ヤマハからは「PAS Kiss」「PAS Baddy」「PAS Raffine」の
3つのシリーズがあります。

 

それぞれ、チャイルドシートが後方にあるのか前方にあるのか、
別オプションで取り付けるかの違いがあります。

 

「PAS Kiss」は前方に子供用シートが標準装備されているタイプで、
143,000円〜150,000円です。

 

「PAS Baddy」は後方に子供用シートが標準装備されているタイプと、
両方とも後で取り付けできるタイプがあります。

 

それぞれ128,000円〜143,000円の価格帯です。

 

「PAS Raffine」は子供用シートがついていないので、
オプションとして前方でも後方でも好きな方に取り付けることが出来ます。

 

別売りの子供用シートは約13,000円〜17,000円くらいです。

 

タイヤサイズも20インチと26インチが選べますので、柔軟に選択できますね。

 

パナソニックでは「ギュット」シリーズが三人乗り自転車で、
129,000円〜158,000円となっています。

 

一般的な自転車なら、安いものならホームセンターで1万円以内で購入できることを考えると、
三人乗り自転車は高価な自転車ではあります。

 

ですが、お子さんの安全を考えて、しっかりした三人乗り自転車を選びたいものです。