三人乗り自転車 特徴

三人乗り自転車の特徴

三人乗り自転車は一般の自転車にはない機能や工夫がたくさんあります。

 

子供を前後に乗せる想定で作られていますので、
ハンドルを取られたり、バランスを崩したりしないよう
安全性が保たれるための工夫が数多く施されています。

 

こうした三人乗り自転車で転倒すると、重大事故につながることも多く危険なため、
安全基準が設けられており、各メーカーもその基準をもとに製品が作られています。

 

三人乗り自転車には、三輪のものと四輪のものがあり
バランスが取りやすいように設計されています。

 

三輪自転車は前輪が1輪で後輪が2輪のものと、
前輪が2輪で後輪が1輪のものとがあります。

 

前方に子供を乗せるとハンドル操作がしずらくなりますが、
前後いずれかを2輪にすることで車体が安定するように工夫されています。

 

車輪を多くすることで二輪に比べてバランスが保たれ、走行中や停車中、
押し歩きするときにも転倒しにくくなっています。

 

3輪にすることで自転車にかかる負荷を分散できるので、
重量が重くなっても耐久性が上がります。

 

車輪の数だけでなく、車輪を小さくすることでもバランスが良くなるので、
車輪の小さい三人乗り自転車も増えてきました。

 

具体的には前輪の直径を後輪よりも小さくして前方に取り付けたり、
子供用の座席の位置を低くすることで、
自転車全体の重心を低くして安定させたりしている自転車です。

 

安全性への工夫は車輪だけでなく、子供用の座席にもあります。

 

万が一、転倒した時のことを考えて、子供用座席に頭部を保護するカバーなどが
取り付けられているものもあります。

 

一人で自転車に乗るのと比べて、三人乗り自転車はかなり負担がかかるものですが、
最近は電動機付き自転車でも三人乗りのものが登場しています。

 

電動機付き自転車は一般の自転車の中でも人気がありますが、
三人乗りでも坂道も楽に上がれますし、
運転も無理なくできるのでより安全に乗ることができるでしょう。