三人乗り自転車 規則

三人乗り自転車の利用に際する規則

三人乗り自転車が解禁されて、幼児2人同乗適応車であれば
自転車の三人乗りが合法化されましたが、
どんな条件でも複数人で自転車に乗ってもいいわけではありません。

 

幼児2人同乗適応車は安全に乗れる自転車ですが、
3人も乗っているのですから、一般の自転車以上に交通ルールを守って
安全に運転する必要があります。

 

自転車の三人乗りができる条件は、運転者は16歳以上であること、
同乗させるのは6歳未満の幼児であること、幼児用座席を用いることなどです。

 

子供が運転したり、小学生以上の子供が乗ったりすることはできません。

 

道路交通法の改正によって、
幼児2人同乗適応車のみが三人乗りを認められているので、
従来よく見られた一般の自転車による三人乗りは違法になりますので注意しましょう。

 

三人乗り自転車は、基本的に一般の自転車と同じ規則ですが、
知っているようで知らないルールも多いはずです。

 

例えば、自転車は車両の一種ですので、歩道ではなく車道を走ります。

 

ただ、車道を三人乗りで走行することに不安や危険を感じるなど
やむを得ない場合は、車道に近い側を走行するようにして、
すぐ停止できる速度で通りましょう。

 

もちろん歩道ですから、歩行者を優先して安全に通行するようにします。

 

自転車は車両ですから、お酒を飲んで運転すると飲酒運転です。

 

特に三人乗り自転車で同乗者がいる場合は、
大変危険ですので絶対にやめましょう。

 

自転車ですので信号を守るのはもちろんのこと、
道路標識に従ってしっかり安全確認が必要です。

 

道路交通法は各都道府県によって、
独自の制限やルールがある自治体があります。

 

三人乗り自転車を利用する際には、
地域の道路交通法を確認するようにしましょう。